M&Aによる物流譲渡の利点

物流の譲渡で問題解決

物流会社に関して今、事業譲渡というようなことが多くおこっています。この物流の事業譲渡ですが、なんだか悪いイメージを持っている方も多くいると思いますが、そうでもない部分も多くあります。では、どんな部分にメリットがあるのでしょうか?物流の事業譲渡のメリットについては、売り手側としては事業を継いでくれる会社や人がいない場合には後を引き継いでくれる方がいますので、これによって従業員が路頭に迷う心配がなくなりますし、経営基盤もよくなりますので、仕事の効率化も図れれば、物流の譲渡によって借入金などを減らすもしくは解消することもできますから売り手としては色々な問題を解決することが可能です。買い手の場合には、本来は色々と揃えなくてはならない車両、設備やシステムの手間を少なくして一括で取得できるだけではなく、本来育てなくてはならない技術や資格を有する人材をお金ですぐに一括で確保できるといったことがあり、色々な手間がかかるところを一気に解消することができるのが大きなメリットです。また、事業を取得によって事業基盤の拡大をすることができますから、スケールメリットを享受できるという点も大変魅力です。このように、物流の事業の譲渡には多くのメリットがあるのです。

M&Aの注意点

M&Aは最近では、頻繁に行われるようになりました。しかし、買収する際はリスクなどもしっかり確認しなければなりません。ですので、買収をする前にリスクの確定を行う必要もあります。でなければ対応策などを契約書に記載することすらできません。そこで今回は、M&Aの注意点を解説していきたいと思います。
空箱では意味がない?
買収する側がM&Aを行う目的は、そこの会社の技術やノウハウや営業力などが欲しいなどがあげられます。会社を買収しても、そこに勤める社員がやる気なくなってしまったり、退職をしてしまったりしたら意味がなくなってしまいます。ですので、M&Aを行うにはヤル気を現状維持の状態で行わなければなりません。こういった空箱にしないためにも相手側の社長の力が必要不可欠となります。
M&Aで最も難しい!
M&Aでは、秘密保持が基本となります。ですので、成約するまで社員に公表されません。しかし、そこで問題なのが社員の不信感です。やはり幹部の社員への根回しなどは必要になります。それから一般社員に公表となります。やはりやり直しが利かないので慎重に行いましょう。
まとめ
いかがでしょうか?M&Aにはもちろん、メリットもたくさんありますが注意点もあります。また成約率もそんなに高くはないので、現状難しいのが事実です。

CALENDAR

2019年2月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

MENU

2017年08月03日
ビジネスの更なる自由な活性化を更新しました。
2017年08月03日
企業同士の弱点を補完するという発想を更新しました。
2017年08月03日
個人契約でも取り入れられる概念を更新しました。
2017年08月03日
M&Aによる物流譲渡の利点を更新しました。

UPDATE LIST

M&Aによる物流譲渡の利点

物流の譲渡で問題解決 物流会社に関して今、事業譲渡というようなことが多くおこっています。この物流の事業譲渡…

READ

企業同士の弱点を補完するという発想

物流のM&Aや譲渡でチャンスをつかむ 物流のM&Aや譲渡に関してですがこちらにつきましては、近年におきまし…

READ

ビジネスの更なる自由な活性化

物流の譲渡やM&Aがもたらす双方の利点 物流業界では独自のルートが確立されていたり、何度も交渉したりするこ…

READ

個人契約でも取り入れられる概念

物流業界の譲渡やM&Aの動き 市内や高速道路を走る大型トラックの拠点、それは何処にあると思いますか。答えは…

READ

Copyright(C)2017 物流業界のM&Aによる積極的事業譲渡が新たな未来を創造 All Rights Reserved.